IT業界で求められている仕事(近未来)

初めに

IT業界はもはや企業が先導して関わってきたものだけではなく、私たちの生活になくてはならないものになっています。インターネットが普及し、近年ではスマートフォンが急速に普及していることから実質的に誰もがIT技術の最先端に触れていると言えるでしょう。
しかし、IT業界とはどんなものなのか正確に説明できる人は少ないのではないでしょうか?IT業界は奥が深く、それでいて非常に多くの専門知識が飛び交う世界でもあります。そんなIT業界は、これからも必要とされるのか気になるところです。

それでは、IT業界はこの先どうなっていくのか、どんな分野が求められていくのかなどについてご説明しましょう。

・そもそもIT業界ってどんなところ?

そもそもIT業界とはどんなところなのか、それはインターネットやスマートフォンなどなくてはならないものに加え、家電やゲームなど様々な分野にまで発展している世界に欠かせない業界です。

IT業界とは簡単に言えば情報技術の世界であり、年月が経つにつれてトレンドや市場規模なども大きく変わっています。IT業界は主に4種類に分類されており、『インターネット・Web業界』『情報処理サービス業界』『ソフトウェア業界』『ハードウェア業界』が世界を牽引していると言えるでしょう。

インターネット・Web業界とは主に企業向けのサービスを提供する企業と個人向けのサービスを提供する企業に分けられています。企業向けサービスとはインターネット広告やネットワークの構築など日本全国はもちろん、世界に向けて発信する重要な業界です。

対する個人向けサービスとはネットショッピングやSNSなどを初めとする個人でも扱えるようなものを発信している業界です。

情報処理サービス業界とはITコンサルタントやセールスエンジニアなどが代表的な職業であり、システムインテグレータと呼ばれています。これはソフトウェア開発とハードウェア開発の両方をカバーしているもので、情報システムを構築する重要な仕事です。

ソフトウェア業界とはソフトウェアを開発するための業界であり、主にシステムエンジニアがクライアントからの要望に沿って指示書を作成し、その要望を叶えられるようにプログラマーがプログラムを構築します。

ハードウェア業界とは主に組み込みシステムエンジニアという職種が担う業界であり、パソコンやその周辺機器、ゲーム機やスマートフォンといった製品の安全性や精密性などを確立させるために必要不可欠となります。

近年のトレンドになっているのは主にAI関連で、次点でFintechです。特にAIはビッグトレンドとして世界中で注目されており、今もなおAIに注目して参入している企業が増えています。

IT業界の市場規模は年々右肩上がりとなっており、現時点では6兆円を軽く超えているほどです。これからもIT業界は世界中で注目され、技術が進歩することによって市場規模も拡大の一途を辿っていくことが多いに予想されます。

・この先どうなっていくんだろうか?

IT業界は今もなお市場規模を大きく広げており、他企業との競争も激化していく一方です。これからもさらに多くの企業がIT業界に参入し、差別化が難しい中でさらに活動を激化させていくでしょう。

しかし、そんなIT業界も2年後、5年後、10年後とどうなっているか分からない人もいるのではないでしょうか?非常に競争が激しい中で、10年後もIT業界で働いていられるのか心配に思う人もいるかもしれません。

まず、2年後のIT業界は激しい競争が続いていることに変わりはありません。しかし、今までと比べれば劇的な変化はまだ起きないとも考えられます。

そして5年後の場合、主にAIやロボット技術の進歩が進み、そろそろ世界的に実用化するまであと一歩というところまで行く可能性があります。今現在でもAIやロボット技術の進化がトレンドになっているため、身近な進歩としてはそれらが考えられるでしょう。

そして10年後のIT業界は、世界的にAIとロボット技術が加速的に進化し、各地でAIロボットを見ない日はない状態になることが予想されます。もちろんAIやロボット技術を支えているのはITエンジニアなので、エンジニアが活躍できる幅がこれまで以上に広がるでしょう。

AIロボットが進出することによって失業者が飛躍的に増加する恐れが懸念されていますが、IT業界の括りで言えば需要は減るどころかさらに増える可能性が非常に高いです。

・じゃあ近未来どんな分野での仕事が求められているんだろう?

上述したように、近未来では最もAIの分野の需要が飛躍的に高まると言えるでしょう。もちろんIOTやFintechも需要は高いと言えますが、AIの技術はこれらよりも非常に将来性が高く、AI目をつけて開発を進めている企業も少なくありません。

いずれ人に代わる存在として開発が急ピッチで進められているAIロボットが遠くない未来に誕生し、世界的にまた一歩IT技術が進化すると言えるでしょう。

・これからのIT業界で求められることって?

これからのIT業界で求められることは、とにかく諦めずに気を抜かない心構えです。というのも、これからもITの技術は日進月歩となっていくでしょう。しかし、その急速な変化に現場で働く人たちが諦めずに追いついていけるかが重要です。IT業界は毎日学ぶことが非常に多く、これからも日々勉強していくスタイルは変わらないでしょう。

急速に進化を遂げるIT業界に置いていかれないように、これから何を学ぶべきなのか、近い将来どんな技術が求められるのかなどを敏感に察知する必要性があります。これからも求められ続けるITエンジニアとして働くためには、決して諦めずに努力し続ける心構えが何よりも重要だと言えるでしょう。

・まとめ

IT業界は今もなお進化し続け、インターネットやスマートフォンの技術が進化することによって私たちの生活になくてはならないものになっています。これからもIT業界は他の業界を寄せ付けないほどの市場規模になり、非常に高い将来性があると言えるでしょう。

ただ、IT業界で働くエンジニアにとって将来性は高いジャンルとはいえ、それでも日々技術を学ばなければならない状況でもあります。常に最前線で働き続けるためには、日々の勉強が欠かせないでしょう。