【プログラマーの仕事って何?向いている人から将来性まで~まとめてみた】

・初めに

様々なシステムやソフトウェアなどを作成するにあたって、プログラマーの存在は絶対に欠かすことができない存在です。もちろんプログラマーになるにはプログラムを作成できる技術や知識が必要になりますし、相応の勉強も必要になります。

それでは、プログラマーとはどんな職業なのか、その仕事内容などをご説明しましょう。

・そもそもプログラマーって?

そもそもプログラマーはシステムエンジニアと似た部分が非常に多く、混同されることが多くあります。しかし、プログラマーとシステムエンジニアでは決定的な違いがあります。

システムエンジニアとはプログラムの設計をする職業であり、主にクライアントとの話し合いによってどんなプログラムを作成すればいいのかを考えるのが主な仕事です。クライアントと話し合うことで、限りなく要望に応えるにはどんなプログラムを作成するのか、そのプログラムを完成させるにはどのくらいの期間が必要になるのかなど、作業全体にかかるスケジュールを考案していきます。

そしてプログラマーは、システムエンジニアが作成した設計書に従ってプログラムを作成するのが主な仕事です。指示されたプログラムを作成していればいいと思うかもしれませんが、実際は設計書に最低限の指示しか記載されていないのでシステムエンジニアが求めるプログラムを完璧に作り上げなければなりません。

どんなプログラムであっても一つコードを間違えればエラーが起きてしまうため、エラーを起こすことなく完全に動作するまで何回もやり直す必要性もあります。システムエンジニアとの決定的な違いは、クライアントと話し合う必要性がないことです。

誰かと話すのが苦手であったり、与えられた仕事だけに集中したいという人にはプログラマーが向いているでしょう。もちろんプログラマーからシステムエンジニアにキャリアアップすることもできますし、そのままプログラムの技術を磨くこともできます。

・仕事内容って具体的に何?

プログラマーの仕事内容は、上述したようにシステムエンジニアの指示書に記載されている内容にしたがってプログラムを作成することです。基本的な仕事の流れとして、最初にシステムエンジニアがクライアントの要望を受け、必要最低限の指示書を記載してプログラマーに指示を出します。

プログラマーは指示書に記載されている必要最低限の情報を確認して、その情報からどんなプログラムを作成すればいいのか読み取ります。その後、要望に沿ったプログラムを作成し、コードの作成が完了したら正常に動作するか何回も確認します。

時には設計通りにプログラムを作成してもエラーが発生したり、バグが見つかることもあるので、正常に動作させるにあたって何も異常がない状態で納品できるように修正するのを繰り返します。

一言でプログラマーといっても、どんな企業のプログラマーになるかによって仕事内容も変わっていきます。例えばWeb系のプログラマーなら魅力的なショッピングサイトなどのページ構築を行ったり、ゲーム系ならゲームがきちんと動作するようにスマホのゲームやオンラインゲーム、家庭用のゲームなどのプログラムを作成します。

他にも制御系や設備制御系、オンライン系、汎用系、通信系などプログラマーの仕事先は非常に多くあるでしょう。

・どんな人が向いているんだろう?

プログラマーに向いている人は、人付き合いや誰かとコミュニケーションを取るのが苦手な人、集中力があり、一つのことに熱中できる人、好奇心や想像力、そして一つのプログラムを不備がないように動作するまで作成する体力のある人などです。

一つのプログラムを不備がない状態まで作成するのは並大抵のことではなく、ただでさえ一人のプログラマーに対する作業量が凄まじいのでそれ相応の体力が必要です。また、途中で飽きっぽくなってしまう人は非常に厳しいので、ひたすらコードを作成し続けられる集中力や、これがどんな動作をして他のプログラムにどんな影響を与えるのかなどの強い好奇心や想像力も大切です。

また、エラーやバグが起きた時に何が原因でエラーやバグを引き起こしているのか考えられる論理的思考が求められたり、一切妥協しない性格の人も向いています。特に妥協しないことは非常に重要で、「多少のエラーやバグがあっても他が大丈夫ならいい」という妥協が許される世界ではありません。

後からエラーやバグが見つかった時点でクライアントからの信用問題に関わりますし、プログラムの作成が終わっても納品するまで気を抜かない心構えが重要です。

・プログラマーってこれからも必要なの?将来性ある?

結論から言えば、プログラマーの将来性は非常に高いと言えます。何故なら、一人に1台のパソコンを持つようになり、スマホやタブレットなどの普及によってそれらを形作るためのプログラムを作成できるプログラマーが必要不可欠となっているからです。

特に一番の影響は、企業側がプログラミングの未経験者でも積極的に採用している働きがあることです。昔は即戦力となるスキルがあるプログラマーしかなれないイメージがありましたが、今現在では誰でも簡単にプログラムが作成できるソフトなどが開発されつつされています。

プログラミングの進化によって企業側がプログラマーを育てる環境が整うことにより、より企業が求める人材として成長できるようになれば大きな戦力の一人として働くことができるでしょう。

しかし、依然としてプログラマーに求められるのは常に様々な知識を取り込む努力です。プログラミングの世界は常に新しい情報が入ってくるので、その情報にいち早く反応して常にスキルを高めていく努力をしなければ徐々に戦力として置いていかれる可能性があります。

そうならないためにも、常に新しい情報を取り込んでスキルを身に付ける姿勢で日々精進することが大切です。特にプログラミング言語は欠かせないスキルであり、最低でもJavaやJavaScriptは身に付けておくのがおすすめです。

・まとめ

プログラマーの世界は将来性に富んでおり、依然としてスキルを身に付けなければならない状況は変わっていません。しかし、就職に関していえばハードルは下がりつつある状況であり、未経験者でもプログラマーを目指しやすくなっています。

妥協を許さず、一つのことに熱中できる人はプログラマーを目指すのも一つの選択肢になるのではないでしょうか。